GEヘルスケア ライフサイエンスはCytiva(サイティバ)となりました - 『プレスリリース(英語)はこちらから』

Cytiva

検索のヘルプ

Location:HomeHot Newsトレーニング/セミナー/シンポジウム情報

タンパク質解析における分子間相互作用と細胞内局在解析の相補的研究

独立行政法人 産業技術総合研究所 生物情報解析研究センター
機能ゲノム解析グループ プロテオーム発現チーム
五島 直樹 チームリーダー
富樫 卓志

ポストゲノムシーケンス研究において、プロテオーム解析が精力的におこなわれているが、その解析手法はオーセンティックなタンパク質を対象とした生化学的解析が主体となっている。 しかし、このようなアプローチでは、細胞内のタンパク質の量に起因する検出感度が問題となり、プロテオームワイドな解析は困難である。我々は, 網羅的なヒト遺伝子をin vivoおよびin vitroにおいて発現できるシステムを構築し、リーバースプロテオミクス的な立場から、細胞内でのタンパク質の存在量に制約を受けない均一化プロテオーム解析を推し進めようとしている。我々のタンパク質発現システムは 2万個以上のヒトFLcDNAを基盤としおり、cDNAのハンドリングを容易にするGatewayシステムを導入することで、様々なタグを融合してタンパク質発現が可能となっている。in vitroでのタンパク質発現系では、ハイスループットタンパク質発現が可能なコムギ胚芽無細胞発現系を採用し、約2万種類のタンパク質を1週間で合成できるシステムの構築に成功している。このようにハイスループット合成したタンパク質は様々なタンパク質機能解析に用いるとともに、プロテインマイクロアレイの作製にも利用している。一方, in vivoでのタンパク質発現系としては、哺乳動物細胞でのトランジェントなハイスループットタンパク質発現系の構築を行ってきている。 蛍光タンパク質を融合させたヒト・タンパク質を細胞内で発現させ,蛍光を指標としたヒトタンパク質の細胞内局在情報の取得を行ってきている。

本講演では、1)IN Cell Analyzer 1000を利用した網羅的なヒトタンパク質の細胞内局在性の解析とそこで得られた知見、2)Biacore A100を利用したチロシンキナーゼとその基質の関係(分子間相互作用)の解析とそこで得られた知見、をそれぞれ紹介し、分子生物学的手法にもとづいた均一化プロテオーム解析における両実験データの相補的解析の有用性について考察する。

「注目のプロテオミクスの全貌を知る!」実験医学別冊 羊土社 p.40


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針