Cytiva

検索のヘルプ

Location:Homeテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメールバックナンバー

このコンテンツはメールマガジンのバックナンバーです。基本的にメールマガジンとして配信されたそのままの内容を掲載しておりますので、以下の点にご注意ください。

  • 製品の仕様、希望小売価格等の情報は配信日時点のものです
  • 製品の販売が終了している可能性があります
  • キャンペーン、イベント、セミナー等は終了している可能性があります
  • Webページの内容が変更されている可能性があります
  • Webページの移動、削除によりリンク先が見つからない可能性があります
  • 法人名、所属、役職等の情報は配信日時点のものです

バイオダイレクトメールを新規に購読希望の方はこちらからご登録ください。
下記以外のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

Vol. 195:アデノ随伴ウイルス(AAV)関連ウェビナー◆新製品Fibro他(2020年7月2日配信)


┏━━━━━━━━━━━━●━━━
┃バイオダイレクトメール
┃(vol. 195/ Jul 2020)
┗━━━━━━━━━━━━━━━●

日を追うごとに暑くなりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今号は、アデノ随伴ウイルス(AAV)産生のプロセス開発に関するウェビナーのほか、
フラットな組織を目指しているという弊社日本代表ペレ・ステファンの紹介、
新製品のモノクローナル抗体精製用セルロースファイバーテクノロジー「HiTrap Fibro PrismA」など盛りだくさんの内容でお届けします。
ぜひお楽しみください。

≪7月号トピックス≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■TOP NEWS
・【ウェビナー(無料・日本語)】細胞培養から精製までのスケーラブルなアデノ随伴ウイルス(AAV)産生

■A Piece of Future, A Piece of Science
・Meet the People in Japan 日本のスタッフ紹介コーナー登場!

■製品・技術
・【新製品】モノクローナル抗体精製用セルロースファイバーテクノロジー
・【ウェビナー(無料・日本語)】SARS-CoV-2検出のための効率的なウイルスRNA抽出
・【ウェビナー(無料・日本語)】Biacore、壊れないためのメンテ
・【無償サンプル】世界初の化学発光試薬ECLの誕生から30年
・目的タンパク質を回収・精製・濃縮するなら「Mag Sepharose」磁気ビーズ
・クロマトグラフィーで迷ったら…【Purify app】

■編集後記


┏●━━━━━━━━━━━━━━━
┃ TOP NEWS
┗━━━━━━━━━━━━━━━●

■□------------------------------
【ウェビナー(無料・日本語)】
細胞培養から精製までのスケーラブルなアデノ随伴ウイルス(AAV)産生
----------------------------------

7月14日(火)15:00~16:00

アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターは、遺伝子治療アプリケーションの臨床試験でますます使用されています。
本ウェビナーでは、プロセスエコノミーの計算を組み合わせて、AAV生産の効率的でスケーラブルなプロセス開発をご紹介いたします。

上流の細胞培養工程では、トリプルプラスミドトランスフェクションに適応したHEK 293T細胞の浮遊培養において、無血清培地を用いました。
また、トランスフェクション効率とAAV2の生産を最適化するために、実験計画法(DoE)を用いて検討しました。
さらに、シングルユースバイオリアクターにてスケーラビリティーも検証しております。

下流の精製工程では、アフィニティーとイオン交換ベースの精製を、さまざまなクロマトグラフィー樹脂と膜フォーマットを含めて比較しました。
また、製剤化する前のポリッシングステップで行われるゲルろ過クロマトグラフィーの代替として、
イオン交換クロマトグラフィーとコアビーズテクノロジーを評価した結果もご紹介します。

最後に、ウイルス力価の分析方法として、Biacoreを用いたAAV2定量についてELISA法と比較検証した結果をお伝えいたします。
AAVベクターの産生にこれから取り組まれる方、効率よく生産量を上げたい方は、ぜひご視聴ください。


┏●━━━━━━━━━━━━━━━
┃ A Piece of Future, A Piece of Science.
┗━━━━━━━━━━━━━━━●

■□------------------------------
Meet the People in Japan
日本のスタッフ紹介コーナー登場!
----------------------------------

“ともにサイエンスを前に進めることを楽しむ”をテーマにお届けしている『A Piece of Future, A Piece of Science.』サイト。
この中の“Meet the People”コーナーに、日本のスタッフを紹介する「Meet the People in Japan」を新設しました。

トップバッターはJapanの代表取締役 ペレ・ステファン。フランス出身ながら、日本で過ごしている時間の方が長く日本語ペラペラ。
このインタビューももちろん日本語で行いました。彼の目指すのは、フラットな組織。日本のCytivaを率いるペレの熱い思いを、ぜひお読みください。

▼「Meet the People」はこちら
 

┏●━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 製品・技術
┗━━━━━━━━━━━━━━━●

■□------------------------------
【新製品】HiTrap Fibro PrismA
モノクローナル抗体精製用セルロースファイバーテクノロジー
----------------------------------

セルロースファイバーマトリックスにより、Fibro PrismA(ファイブロ プリズマ)は非常に短い接触時間(レジデンスタイム)で
高いDynamic Binding Capacity(DBC)が可能になります。

また、従来のレジンベースのクロマトグラフィーでは数時間かかっていたサイクルタイムが数分で実行でき、大幅な作業時間の削減を実現します。

Fibro PrismAユニットは、アプリケーションに応じて、最大200サイクルまで使用できます。

▼詳しくはこちらから


■□------------------------------
【ウェビナー(無料・日本語)】
SARS-CoV-2検出のための効率的なウイルスRNA抽出
----------------------------------

2020年7月8日(水)15:00~15:30

SARS-CoV-2(COVID-19)の検出に、最も高感度で信頼性の高い方法はRT-PCR分子スワブテストです。
しかし、依然として残っている課題のひとつは、プロセスのRNA抽出ステップのスループットを上げることではないでしょうか。

Cytivaは、ダウンストリームRT-PCRプロセスと互換性のある自動化可能な高感度ウイルスRNA/DNA抽出プロトコールを提供します。

このウェビナーでは、COVID-19を引き起こすSARS-CoV-2を検出するテクノロジーおよび、Cytivaソリューションのひとつとして
「効率的なウイルスRNA抽出法」をご紹介します。ぜひお申込みください。

▼ウェビナーの詳細はこちら


■□------------------------------
【ウェビナー(無料・日本語)】
Biacore、壊れないためのメンテ
~Cytivaサービスマンとアプリケーション担当者対談~
----------------------------------

2020年7月15日(水)15:00~15:30

Biacoreは、日々のメンテンスだけでなく定期的なメンテナンスが重要です。
また、実はサンプルを測定するときのちょっとした注意でも安定稼働が期待できるようになります。

当ウェビナーでは、サービスマンとアプリケーション担当者がその重要性についてお話しします。
また、参加者の皆さまのご質問やご経験も交えつつそれぞれの経験したケースを対談しながら使用上の注意点について話し合う内容になっています。

Biacoreをご利用に皆さまは、ぜひご覧ください。

▼ ウェビナーの詳細はこちらから


■□------------------------------
【無償サンプル】世界初の化学発光試薬
「ECL」誕生から30年
----------------------------------

Amersham ECLは、1990年に誕生した世界初の化学発光試薬ブランドです。
日々のタンパク質検出から蛍光ウェスタンのマルチプレックス化に至るまで、さまざまなアプリケーションに対応すべく、
ECLシリーズは進化してきました。

それぞれの用途にあわせて、以下より詳細をご参照ください。

▼すぐに結果を出したい方へ「Amersham ECL Prime」の詳細はこちら

▼どうしても見たいバンドがある方へ「Amersham ECL Select」の詳細はこちら

▼ECLと同等の感度を低コストで「Amersham ECL start」の詳細はこちら


■□------------------------------
目的タンパク質を回収・精製・濃縮するなら
「Mag Sepharose」磁気ビーズ
----------------------------------

Mag Sepharose(マグ セファロース)は、目的タンパク質を回収・精製・濃縮におすすめの磁気ビーズです。

高い結合性をはじめとするSepharoseの利点や特性と磁石の性質を併せ持つMag Sepharoseを用いることで、
Sepharoseと遜色ない結果を得られるだけでなく、サンプルのロスもおさえることが可能となります。ぜひお試しください。

▼Mag Sepharoseの詳細についてはこちら(動画・日本語)他社磁気ビーズとの比較データも掲載しているアプリケーションノートはこちら(英語・PDF)


■□------------------------------
カラムの選択からシステムの組み立てまで
クロマトグラフィーで迷ったら【Purify app】
----------------------------------

お探し物は精製用クロマトグラフィーカラムですか?それとも、AKTAシステムのオプションですか?

新しいPurifyアプリにアクセスすれば、お探しのカラムとレジンをおすすめしてくれます。
また、AKTAの組み合わせも自由自在です。ぜひご活用ください。

▼Purify appの詳細はこちらから(英語)
 

┏●━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━●

緊急事態宣言が解除されましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
弊社は、引き続き出社しなければ業務ができない従業員の安全も考慮し、可能なスタッフは引き続きテレワーク推奨で業務にいそしんでおります。

そんな私、久しぶりの体重計に乗ったところ…“うぉぉ~!?”

私と同じ心の叫びをお持ちの皆さまは、ぜひ弊社代表取締役ペレ・ステファンのテレワーク中の様子をご覧ください。
名付けて、テレワークならぬ「ペレワーク」。

▼Twitterへのリンクですが、少しでも和んでいただけましたら幸いです


次回のバイオダイレクトメールは2020年9月後半に配信予定です。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
Twitter、Instagramでも最新情報をお届け中!ぜひフォローお願いします
■FacebookTwitterInstagram
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●━━━
■発行元
 Cytiva
■製品に関するお問合せ:Tech-JP@cytiva.com本メールへのご意見やご希望:BioDirect-JP@cytiva.comメールマガジンの購読・配信停止Web会員登録内容の確認・変更Web会員利用規約弊社個人情報保護に対する基本方針
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
※メール文中の製品・キャンペーン・セミナーに関する情報は、配信日現在のものです。
事情により変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※他社製品の価格・性能・比較表現につきましては、メール配信時点でインターネット上に公開されている情報を元にしています。
※掲載されている価格は配信日現在の希望小売価格です。
 (表示価格には消費税は含まれておりません)
 希望小売価格は単なる参考価格であり、弊社販売代理店が自主的に設定する販売価格を何ら拘束するものではありません。
※掲載されている製品は試験研究用以外には使用しないでください。
※掲載されている内容は、予告なく変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。
※掲載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です。
※著作権は、グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社、またはその情報提供者に帰属します。
 Webサイト等に転載される場合は、事前にご連絡ください。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針