Cytiva

検索のヘルプ

Location:Home会社情報お知らせ・プレスリリース

Cytiva・タカラバイオ社協働
~COVID-19ワクチン候補品の開発加速とスケールアップに関して~

  • COVID-19に対する革新的なプラスミドワクチンの迅速な開発を支援
  • 大阪大学およびアンジェス社が取り組んでいるDNAワクチン開発において、製造を担当するタカラバイオ社に機器・消耗品を供給する形でCytivaがサポート

2020年5月21日

Cytiva(サイティバ)は、治療法の開発・製造の進歩と加速をサポートするテクノロジーとサービスのグローバルプロバイダーです。このたび、Cytivaとタカラバイオ社は、COVID-19のDNAワクチン候補品の製造に関し協働する運びとなりました。

タカラバイオ社は、大阪大学(森下 竜一教授)およびアンジェス社と共同で、革新的なプラスミドワクチンの開発に取り組んでいます。DNAワクチンは、抗原となるSARS-CoV2タンパク質を生成し、人々がウイルスに対する免疫を形成するのを助けます。

COVID-19に対するこのプラスミドDNAワクチンは先駆的です。プラスミドDNAをデザインした大阪大学教授の森下 竜一教授は、次のように説明しています。「ワクチンの持つ潜在的な臨床的利点に加え、プラスミドDNAは感染症の発生時に迅速に対応することが可能です。」プラスミドDNAは、比較的迅速に大量に製造することができ、また生産の立ち上げも短時間で行うことが可能です。

Cytivaの社長兼CEOであるEmmanuel Lignerは次のように述べています。「このワクチン候補品での取り組みのように、診断から治療までCOVID-19に対して迅速に取り組むことは、日本にとって、そして世界にとって非常に重要なことです。Cytivaは組織全体で、このような難題に対応するため、迅速かつ決断力をもって対応しております。タカラバイオ社、大阪大学、アンジェス社との協働は、いのちを守る治療法へのアクセスをよりよくするために取り組む素晴らしい活動の一例です。」

DNAワクチンは、リスクのある病原体を使わず、短期間で安全に製造できると言われています。標的とする病原体のタンパク質をコードした環状DNA(プラスミドDNA)を投与することにより、体内で病原体タンパク質が産生され、病原体に対する免疫が生成されます。弱毒化ワクチンとは異なり、病原性はありません。

Cytivaについて

Cytivaは33億ドルのグローバルライフサイエンスリーダーであり、40か国で約7,000人の従業員が治療法の進歩と加速のために取り組んでいます。Cytivaは、さまざまなスケールとスコープを持つお客様の信頼できるパートナーとして、研究、製造ワークフローにスピード、効率とキャパシティをもたらし、患者への革新的な医薬品の開発、製造、およびデリバリーを可能にします。 詳細については、www.cytiva.comにアクセスしてください。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針