ソリューション21

Digitalizationによる
総合的な生産性向上Brilliant Factory

インダストリアル・インターネットの出現により、膨大なデータ管理が可能となりました。
また、先進ソフトウェアや分析技術も進歩し、高度なデータ分析を行うことも現実化されています。これらの技術を用い、たとえば工場内でのプロセスがどれだけ有効に機能しているかをリアルタイムで把握し、常に分析することで、これまでできなかったトラブル発生前の予測と対処を行い、品質を維持しつつ予定どおりの納品を実現する、これがBrilliant Factory です。
さらには、原料を供給するサプライヤー、製品を使用するユーザー両者のデータを集約することで、原料の品質のばらつきによるユーザーへの影響を最小限に抑えることを実現しています。
工場のBrilliant Factory 化に加え、プロセス開発における研究データの統合、そのプロセスのシミュレーションなど、あらゆる面におけるDigitalizationが組織全体の総合的な生産性向上を考えるうえでは重要です。

データ主導の
プロセス開発

Digital Lab

より効率的な開発

研究データの統合、研究機器間の
相互分析によるインサイトの取得

製造プロセス
シミュレーション

Digital twins and mechanistic models

堅牢なプロセス

シミュレーション、予測、
重要プロセスの最適化 ー
ばらつきとリスクの低減

原材料の変化がプロダクトに
与える影響を管理

Brilliant Factory

サプライヤーからパートナーへ

Digital Manufacturing、
取得データをもとに自動的に
生産物のばらつきの低減に反映

お問合せフォーム

↑