Cytiva

検索のヘルプ

Location:Homeサポート・保守情報お客さまの声・データ紹介

精製サンプル数が増加し、スループットが向上
Superose 6 Increase お客さまの声

助教 奥平 准之 様 AKTA pure

東京大学理学系研究科生物科学専攻 濡木研究室
特任助教 西澤 知宏 様

目的の膜タンパク質の結晶化を目指して高頻度で精製を行ってらっしゃる西澤様に、2014年に発売したゲルろ過クロマトグラフィーカラムSuperose 6 Increaseをお使いいただいた感想を伺いました。従来のSuperose 6よりも精製時間が短い点が、実験のスループット向上のお役にたっているとのことでした。


今までは精製時間がボトルネック

今まで使用していたSuperose 6は、目的の膜タンパク質の分離は可能でしたが、スループットの面が課題でした。1サンプル精製するのに1時間かかっていたため、前後の準備の時間等を含めると、1日に複数サンプルの精製こなすのが難しいというところがネックでした。

そこで、精製時間を短縮するため、流速を早くしても高分離能を保つことができるSuperdex 200 Increaseを使用してスループットの改善を試みました。しかしながら、膜タンパク質は界面活性剤ミセル中での分子量が実際よりも大きくなる傾向にあるため、目的の膜タンパク質はSuperdex 200 Increaseの分画範囲と適合せずに、ボイド(排除限界)体積周辺に目的タンパク質のピークが来て、凝集したタンパクと、フラクションとして分離できませんでした。

精製時間が半分に

Superose 6 Increaseの分画範囲はミセルを形成した目的サンプルと適合しており、十分分画できています。これまでと比べて流速を上げられるので、とにかく短時間で精製できます。1時間かかっていた精製時間が、半分の30分になりました。そのため、同じ日に3~4サンプルを精製することができており、変異体のスクリーニングのスピードを上げるのに非常にメリットがあります。

実験方法

使用システム ÄKTAexplorer 10S
精製環境 4℃
サンプル 昆虫細胞発現系 膜タンパク質
バッファー 10 mM HEPES、150 mM NaCl、界面活性剤

西澤様、ありがとうございました。

※お客さまの使用経験に基づく記載です。

東京大学理学系研究科生物科学専攻 濡木研究室HPです。ぜひご覧ください。
http://www.nurekilab.net

 

→ Superose 6 Increase 製品カタログページへ


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針