Cytiva

検索のヘルプ

Location:Home実験手法別製品・技術情報ウェスタンブロッティング

ECL PlusからECL Primeに変更する際のポイント

現在お使いいただいている試薬をお選びください。

ECL Plusからの変更

ECL Primeは、ECL Plus と同等の条件および操作手順で検出可能です。そのため、現在お使いいただいているプロトコールやバッファーなどを変えることなく移行していただけます(図1)。またECL Plus よりも感度が高いため以下のポイントを加味することで、さらによい結果を得ることができます。

図1 ECL PlusからECL Primeに移行する場合の検討ポイント(例)アクチン検出の場合

ECL PlusからECL Primeに移行する場合の検討ポイント(例)アクチン検出の場合

 

露出時間をECL Plus検出時の半分にする(あるいはサンプル量を半分にする)

ECL Prime はECL Plus より2~4 倍感度が高い試薬です。そのためECL Plusと同じ露出時間で検出をするとバックグラウンドが高くなることやムラが検出されることがあります。また、 ECL Plusで十分なシグナル強度が得られていたサンプルは、ECL Prime で はシグナルがサチュレーション(飽和)することがあります。

露出時間を半分にしたときの実験例
図2 露出時間を半分にしたときの実験例


図3 露出時間を変えた時のシグナル強度

そのほか、下記項目をお試しいただくことも可能です。

 

抗体濃度をECL Plus検出時よりも低くする

希釈倍率は使用する抗体により異なります。目安は一次抗体、二次抗体ともにECL Plus検出時よりも約2倍希釈します。

希釈率による結果の違い

図4 抗体希釈率を変えた時の結果の違い

一次抗体、二次抗体をブロッキング剤入りのPBS-T(TBS-T)で溶解し、抗体反応を行う

この方法はバックグラウンドの低減に有効ですが、感度は下がります。露出時間を延ばして感度を調整してください。

抗体反応

ブロッキング反応をOver night 、4℃で行う

ブロッキングを長時間・低温でおこなうことにより、バックグラウンドや非特異的吸着を低減できる場合があります。

 

 


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針