Cytiva

検索のヘルプ

Location:Home会社情報お知らせ・プレスリリース

ウイルスワクチンの生産

Cytivaの最優先事項は、従業員とお客様の健康と安全です。私たちは地方自治体、世界保健機関(WHO)、米国疾病対策センター(CDC)と緊密に連携して、発生を積極的に監視し、必要なすべての予防策を講じています。私たちはお客様と歩調を合わせてビジネスの継続性を確保し、サポートのために仮想接続を維持し、この必要なときにソリューションを提供する準備をしています。

ポッドキャスト(英語)

ワクチン製品開発サポート

特定のバイオマニュファクチャリングの課題を解決し、開発のあらゆる段階でアップストリームおよびダウンストリームのプロセス改善の機会を把握します。業界で訓練を受けた専門家のFast Trakチームは、アプリケーションの知識を組み合わせて課題を解決し、バイオプロセスを最適化します。私たちは完全な透明性を備えており、課題の解決を支援します。世界中で得た産業知識を活用してください。

迅速なパンデミック対応のためのサブユニットワクチンの製造の加速

新しい脅威に迅速に対応することで米国とその軍事要員を保護するという米国政府の使命をサポートするために、CytivaのFast Trak Servicesの科学者とパートナーのチームは米国国防総省と協力して重要なものを迅速に製造するためのプラットフォームを開発しました軍隊に不可欠なタンパク質ベースの治療法。

記事へのLINK

記事:ワクチン開発を加速するための外部コラボレーションの活用

どのプロジェクトでも最も一貫した要求の1つは、開発速度です。Janssen Biotherapeutics Developmentは、HIVワクチンブースターのプロセス開発と生産を加速するために、外部のコラボレーションアプローチをうまく活用しました。これは、リスクと臨床用品の配送に必要な時間の両方を削減するために不可欠でした。

記事へのLINK

最新のバイオプロセスツールとソリューションでフラビウイルスワクチンの生産を加速

最新のバイオプロセスツールとソリューションでフラビウイルスワクチンの生産を加速

 

市場ニーズへのより効率的な対応のために、細胞ベースのワクチン製造は業界で必要となっています。技術的な課題がワクチンの生産を支配する可能性があります。多くの課題の解決に役立つ最新の製品とサービスの概要について説明します。

PDFダウンロード

 

ワクチンの製造と精製

ワクチンを市場に出すことは簡単ではありません。ウイルスや細菌から多糖類やタンパク質に至るまで、考慮すべきワクチンには非常に多様性があり、その結果、マイナス面があります。標準的なプラットフォームはありません。イノベーターとメーカーは、シングルユースのテクノロジーとサポートを活用して、急速に変化するこの分野で優位に立つことができます。

もっと詳しく知る

 

条件検討用ソリューション製品写真をクリックすると詳細に飛びます)

WAVE 25 → AKTA flux s → AKTA
細胞培養装置
ReadyToProcess WAVE 25
  清澄化 AKTA flux s   精製 AKTA avant

 

試作・製造用ソリューション(製品写真をクリックすると詳細に飛びます)

WAVE 25 → AKTA flux 6AKTA readyflux → AKTAAKTA ready
細胞培養 XDR   清澄化 AKTA flux 6/AKTA readyflux   精製 AKTA pilot 600/AKTA ready

 

アップストリーム

アプリケーションノート:ReadyToProcess WAVE 25バイオリアクターシステムでのアデノウイルスの生産


ReadyToProcess WAVE 25バイオリアクターシステムを使用して、CDM4HEK293培地で培養したHEK293浮遊細胞でのアデノウイルスの強力な産生。同様の細胞増殖と生産性が3つのバイオリアクターの実行で達成され、プロセスの堅牢性を示しています。

PDFダウンロード

ポスター:シングルユース Xcellerex XDR-10バイオリアクターシステムでのアデノウイルスの生産


HyClone CDM4HEK293培養液で培養されたHEK293細胞で示されたアデノウイルスの産生。シングルユース XDR-10バイオリアクターでのアデノウイルスのスケールアップ生産は、振とうフラスコに匹敵する培養性能を有することが示され、堅牢でスケーラブルなアデノウイルス生産プロセスを示しています。

PDFダウンロード

 

アプリケーションノート:HyClone CDM4HEK293培地でのHEK293細胞増殖とアデノウイルス生産性の評価


CDM4HEK293培地または参照培地中の振とうフラスコで成長させたHEK293細胞で示された成長とアデノウイルスの生産性。結果は、CDM4HEK293培地では、参照培地と比較して、細胞増殖と感染性ウイルスの生産性が向上していることを示しています。CDM4HEK293培養のスケーラビリティは、XDR-10バイオリアクターシステムで培養した培養で実証されました。結果は、培養システム間で同様のパフォーマンスを示し、HEK293細胞培養アプリケーションのプラットフォーム培地としてCDM4HEK293を使用することの適合性を確認しています。

PDFダウンロード

 

ダウンストリーム

ケーススタディ:細胞ベースにおけるインフルエンザワクチンの製造

高純度のワクチンを製造するために、シングルユース装置がステンレス鋼バイオリアクター、ユーザーパックのクロマトグラフィーカラム、超遠心分離機などの従来の装置に取って代わることができることを示すケーススタディ

記事へのLINK

 

アプリケーションノート:アデノウイルスの効率的な精製のためのダウンストリームプロセス開発


このアプリケーションノートでは、精製のためのダウンストリームクロマトグラフィーステップの開発について説明します。 HEK293細胞培養物からのアデノウイルスの回収。プロセス条件が最適化され、規制要件を満たすために不純物をさらに削減するための研磨ステップが含まれました。 2つの開発されたダウンストリームプロセスは、3 Lの細胞培養収穫を使用して、大規模に比較されました。

PDFダウンロード

インフルエンザからゲノムDNAを除去するためのCapto ViralQの使用


このアプリケーションノートは、細胞培養インフルエンザウイルスから宿主細胞由来のゲノムDNA(gDNA)を除去するためのクロマトグラフィー法を示しています。 Capto ViralQ培地(樹脂)を使用して、ウイルスをフロースルーに保ちながらgDNAを除去しました。

PDFダウンロード

 

ワクチン処理におけるCapto Core 700


このホワイトペーパーでは、ウイルス精製におけるCapto Core 700の利点について説明します。 いくつかのワクチンプロセスで一般的に使用されている手法であるサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)と比較についても言及しています。

PDFダウンロード

Capto Core 700を使用したインフルエンザAH1N1の精製


感染した哺乳類細胞からインフルエンザH1N1ウイルスを精製するための3つの異なるプロセスでのCapto Core 700の性能を評価して比較しました。この研究は、Capto Core 700がゲルろ過と同じ純度を提供しながら、生産性とプロセスの経済性を大幅に改善できることを示しています。

PDFダウンロード

 

シングルユースのバイオプロセッシング装置を使用したインフルエンザウイルスの下流スケールアップ精製


シングルユースのバイオプロセッシング技術を使用したインフルエンザウイルスの精製について説明します。ダウンストリーム精製の合計処理時間は3日で、全体的なスケールアッププロセスにより、実験室規模で得られたのと同じ収量と純度でインフルエンザウイルスが生産されました。

PDFダウンロード

アデノウイルス精製プロセスにおける細胞溶解およびウイルスろ過ステップの最適化


このアプリケーションノートでは、HEK293宿主細胞からアデノウイルスを放出するための界面活性剤のスクリーニングについて説明し、界面活性剤Triton X-100の代用品についても言及しています。さらに、清澄化フィルターの孔径のスクリーニングを行いました。濃縮とバッファー交換のために、公称分子量カットオフ(NMWC)が異なる限外ろ過/ダイアフィルトレーション(UF / DF)用の中空糸フィルターを比較しました。

PDFダウンロード

 

プロセッシング

ウェビナー:治療用ウイルスベクターのワークフローの最適化–アップストリーム&ダウンストリーム

業界のリーダーによるオンデマンドのウェビナー。バイラルベクターの生産に関する主要な課題について説明し、主要なボトルネックのステップを特定します。

記事へのLINK

ビデオシリーズ:ウイルスベクター

ウイルスベクターの生産に関するこのチュートリアルシリーズでは、ウイルスの生産に関する洞察と、ウイルスベクター製造の課題をスケールアップして取り組む方法について説明します。

動画へのLINK

記事:ウイルスベクターの製造

ウイルスベクタープロセスの堅牢で費用効果の高いスケールアップが鍵となります。このケーススタディはアデノウイルスに基づいており、結果は調査されたすべてのスケールとシナリオで費用効率の高い生産を示し、アデノウイルスの工業生産に適しています。

記事へのLINK

 

ワクチン分析

ワクチンをより早く市場に投入することを目的とし、製薬業界はワクチンの安全性と有効性を確保しながら生産効率を高めるために、新しい開発方法と改善されたより柔軟な製造原理を取り入れています。Biacoreシステム は開発プロセス全体で使用され、以下を含むワクチンの特性と特徴の詳細な理解を提供します。

  • ワクチンの設計と特性評価
  • 免疫応答研究
  • ワクチン製造プロセスおよびQC中の分析

 

ホワイトペーパー:ワクチンの開発と製造におけるBiacoreシステム


Biacoreアッセイは、望ましい特性を備えたワクチンとアジュバントの設計、プロセスパラメーターの最適化の高速化、および非常に高い精度でのバッチリリーステストに採用されています。

PDFダウンロード

アプリケーションノート:Biacore T200を使用したアデノウイルス濃度の決定


感染性ウイルスの粒子力価は、伝統的に、結果に至るまで1週間以上かかる可能性のあるさまざまな細胞ベースのアッセイ(TCID50など)によって決定されます。Biacore T200を使用して、アデノウイルス濃度を決定する2つのSPRベースのメソッドについて説明します。これにより、確立されたメソッドと相関性もあり、ロバストで再現性のある結果が得られる上、アッセイとサンプルの準備時間は短縮できます。

PDFダウンロード

 

アプリケーションノート:インフルエンザウイルスおよびHCPの定量のためのBiacoreアッセイ


開発サイクルの短縮の必要性から、ワクチン製造における分析ツールの改善に対する需要も高まっています。Biacoreを使用したインフルエンザウイルスとHCPの定量化のための新しい方法について説明します。

HCPのご測定においてはどのような抗体を用いるかによって結果が変動するところが大きいため、実施をご予定の方はぜひ一度ご相談ください。

PDFダウンロード

 

専門知識とサポート

予期しない問題が発生したときだけでなく、ワクチン設計段階から立ち上げまで、幅広い経験と専門知識をお求めください。私たちのチームは、コンポーネントの最適化、最適なテクノロジーの特定、および市場投入の早期化を支援する貴重な支援を提供します。製品、サービス、サポートなど、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。



関連記事

Cytiva・タカラバイオ社協働~COVID-19 DNAワクチン候補品の開発加速とスケールアップに関して~

COVID-19危機対応アップデート緊急事態宣言への対応およびお客さま支援についてCOVID-19 診断薬の開発


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針