●界面活性剤ベースの溶解で、ほ乳類から高収量のタンパク質を抽出
●バッファー調製の手間なく、高い再現性を実現
●穏和な界面活性剤の使用により、タンパク質の活性を保持
●細胞懸濁液や接着細胞の両方に使用可能
●サンプルに加える成分がわかるようコンポーネントを公開

細胞の溶解と総タンパク質の抽出は、さまざまな実験のファーストステップに位置し、その後の実験の精度を左右します。Mammalian Protein Extraction Bufferは、ほ乳類培養細胞から可溶性タンパク質を効率的に抽出できるキットです。熱を発する超音波破砕や大がかりな装置を用いることなく、穏和な条件で細胞を溶解し活性を保持したタンパク質を得ることができます。タンパク質抽出後のさまざまなアプリケーションに適しています。

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
SDSあり。PRTR法 Mammalian Protein Extraction Buffer 500 ml 28941279 販売終了

SDSあり。PRTR法 SDSあり。PRTR法該当製品です。

詳細情報

項目

  • コンポーネント

Mammalian Protein Extraction Buffer

< 20mM Tris hydroxymethylaminomethane
< 20mM sodium chloride < 5% NP-40 < 5% Triton X-100
< 5% Tween 20

関連製品

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針