●細胞からのさまざまな膜調製手法の解説やアドバイス
●さまざまなpH・塩濃度条件下での、膜タンパク質のサイズ均一性と安定性評価

精製が難しいとされる、膜タンパク質、タンパク質複合体や封入体など、一筋縄では精製できないタンパク質を攻略するためのハンドブックです。これから膜タンパク質を精製される方、精製をはじめてみたものの精製段階で壁にあたっている方におすすめです。

英文ハンドブック(一部を除く)は本社webからPDFファイルをダウンロードいただけます。
→ 本社webページ

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
精製が難しいタンパク質のための精製ハンドブック (和訳、2008年発行) *1 1 冊 72HB1301 2,930
Handbook Challenging Protein Purification(英文、2007年発行) 1 冊 28909531 販売終了

*1 Handbook Challenging Protein Purificationの和訳です

注) 一般書店、大学生協ではお取扱いしていません。弊社販売代理店へご注文ください。

詳細情報

項目

  • 目次

はじめに
精製が難しいタンパク質
概要

第1章 膜タンパク質
 はじめに
 膜タンパク質の分類
 構造および機能の研究に向けた内在性膜タンパク質の精製
 出発材料
 ヒスチジンタグ付膜タンパク質のE. coli破砕液からの小スケール発現スクリーニング
 細胞の回収
 細胞の破砕および膜の調製
 可溶化
 精製
 タグが付いていない膜タンパク質の精製
 純度および均一性の確認
 コンディショニング
 膜タンパク質のプロテオーム解析
 References

第2章 タンパク質複合体
 はじめに
 プルダウンアッセイ
 天然の複合体の単離
 組換えタンパク質複合体の単離
 References

第3章 封入体
 可溶性発現の最適化
 封入体の取り扱いに関する方策
 封入体の単離
 可溶化
 リフォールディング
 ゲルろ過を用いたリフォールディング
 リフォールディングの解析
 References

別紙
Appendix

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針