●自動制御で安定した融解プロセスにより、ばらつきや誤操作を最小限に抑え、細胞の生存率を最大化
●自動化ソフトウェアChronicle™と統合することで、お客様がカスタマイズした融解プロファイルを複数のユニット間で同期可能
●10~275ml容量のクライオバッグ、複数のバックブランドで使用可能
●Chronicle™ソフトウェアを介し、複数のVIA Thaw™ユニット間でプロファイルを同期させることで効果的に拡張が可能

VIA Thaw™ドライ式融解システムは、クライオバッグ内の細胞製品の融解を自動で制御し、安定的に行うことができます。このシステムは、ドライヒート技術と複数のセンサーを使用して融解の完了を判断しており、制御されていないシステムやマニュアル操作に伴うばらつきを排除します。また、VIA Thaw™システムは自動化ソフトウェアChronicle™と統合することで、ユーザーがカスタマイズした融解プロファイルを複数のユニット間で同期させ、完全な電子バッチ記録を作成することができます。

VIA Thaw™ CB1000の後継システムです。

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
VIA Thaw™ L1000システム 1 式 問合せ 2,180,640

詳細情報

項目

  • その他

VIA Thaw™TM L1000データファイル

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

※機種依存文字(①、② など)は使用できません。
※装置の故障など技術的な問い合わせの際には装置シリアルナンバーをご記入ください。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針