Cytivaは、イムノアッセイおよび分子診断アプリケーション用の高性能かつカスタマイズ可能なコンポーネントや原料、サービスを組合せ、個々のお客さまのニーズに合わせたソリューションを提供しています。

ラテラルフローアッセイの構成

ラテラルフローアッセイは、一般的に以下のコンポーネントで構成されます。

  • サンプルパッド/血球分離パッド:

    サンプルを吸い上げ、コンジュゲート放出領域または分析用メンブレンへ均一かつ一定の速度で送り出します。デバイスからサンプルが溢れるのを確実に防く、サンプルから粒子や細胞をろ過する、サンプルを改変するために化学物質を含浸させる、など多くの機能を持たせることができます。

  • コンジュゲートパッド:

    保管期間中、コンジュゲートを保持し、検出能を維持させ、サンプルがパッド中を移動するときにこれらのコンジュゲートを効率的に放出します。

  • メンブレン:

    サンプルおよび検出コンジュゲートのフローを反応領域に導き、キャプチャー分子(通常は抗体)を、それぞれの標的分子に対する結合活性を保ちながら判定ラインおよびコントロールライン上に固定化します。

  • 吸収パッド(ウィック):

    主要な機能は試薬のシンク(排水溝)として働きます。ラテラルフローデバイスに吸収パッドがないと、フローはその最前部が反応用パッドの末端に到達するとすぐに止まってしまいます。

Whatmanラテラルフローアッセイ関連製品

サンプルパッドおよび吸収パッドのラインナップ

ラテラルフローアッセイは、サンプルパッドがサンプルを滴下ポイントから下流のテストコンポーネントに送液することから始まります。テストデバイス末端の吸収パッドがストリップ上のサンプルのフローを制御します。

アッセイがスムーズに行われるために、弊社は幅広い種類の高品質サンプルパッド素材を提供しています。また均一性を高める優れた吸収パッドも開発しました。ラテラルフローテストデバイスの部材として現在使用されているグレードのほとんどは、元来さまざまな分析用途(たとえば、ろ過またはクロマトグラフィー)に使用されてきました。これらのグレードはそれぞれの特性ごとに設計されており、診断用にも適しています。

コンジュゲートリリースパッドのラインナップ

コンジュゲートリリースパッドはラテラルフローアッセイに不可欠です。均一なパフォーマンスおよび明確なテストラインを得るために、コンジュゲートが、ダメージを受けたり凝集したりせずに乾燥し、サンプルが滴下された際には素早く放出されなければなりません。

弊社のガラス繊維製コンジュゲートリリースパッドは、もともと親水性なのでコンジュゲート添加前に処理を必要としません。素材はオープン構造のため、コンジュゲートおよびサンプルの迅速な透過が可能です。弊社の合成繊維製不織コンジュゲートリリースパッドは放出が極めて高速で、一般的な多くの溶剤や界面活性剤に耐性があります。これらは比較的薄いので、プレフィルターとしてよく用いられます。

メンブレンのラインナップ

ニトロセルロースメンブレンは、ラテラルフローアッセイの主要な機能部材です。メンブレンは、テストラインおよびコントロールラインがシャープかつ濃くなるようにタンパク質を強く結合させる必要がありますが、同時に、結果の判定を容易にするために非特異バックグラウンドは低くなければなりません。

弊社はラテラルフローイムノアッセイ製造用のさまざまなメンブレンを提供しています。これらにはバッキングのあるメンブレンとバッキングのないメンブレンがあります。また、界面活性剤処理が異なる製品もあります。さまざまなキャピラリーウィッキングレートと異なった孔径のさまざまなグレードのメンブレンから選択することができます。

ラテラルフローアッセイ部材(コンポーネント)の選択ガイド

ラテラルフローアッセイ関連文章

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針