●西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP)酵素をプローブに直接標識、化学発光による検出
●抗体反応不要で実験操作・時間を大幅短縮
●プローブのストリッピング不要でリプロービングが簡単

ECL Directでは、グルタルアルデヒドを用いて、HRPをプローブ(DNAまたはRNA)に化学的に直接結合させます。したがって、ハプテン標識プローブを用いるシステムと異なり、抗体反応操作を一切行わずに、より短時間・簡単な操作でNon-RIハイブリダイゼーションを行うことができます。
また、HRPはECL検出試薬との反応により失活するため、SDS煮沸処理などの従来法によるストリッピングを行わずに、そのままリプロービングが可能です

* HRPを完全に失活させるため、リプロービング前に1晩放置してください。

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり)、PRTR法 ECL Direct Labelling and Detection System 5 μg labelling and 2,000 cm2 membrane RPN3000 102,100
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり)、PRTR法 ECL Direct Labelling and Detection System 10 μg labelling and 4,000 cm2 membrane RPN3001 166,200
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり)、PRTR法 ECL Direct Labelling Module 5 μg labelling RPN3005 71,000
ECL Detection Reagents for 2,000 cm2 membrane RPN3004 49,500
ECL Detection Reagents for 4,000 cm2 membrane RPN2105 61,000
SDSあり。PRTR法 ECL Gold Hybridization Buffer for 4,000 cm2 membrane RPN3006 157,000

SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり)、PRTR法 SDSあり。労働安全衛生法(ラベル表示義務あり)およびPRTR法該当製品です。
SDSあり。PRTR法 SDSあり。PRTR法該当製品です。

詳細情報

項目

  • コンポーネント
  • 資料

ECL Direct Labelling Module(RPN3005)

・DNA labelling reagent
・Glutaraldehyde solution
・Water
・λ Hind III control DNA(10 μg/ml)
・Gold hybridization buffer
・Blocking agent

ECL Detection Reagents(RPN3004)

・ECL Detection reagent 1
・ECL Detection reagent 2

保存温度

・Hybridization buffer, Blocking agent:15~25 ℃
・その他のコンポーネント:2~8 ℃

ECL Directの標識と検出の原理

関連製品

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針