ラテラルフローアッセイは、プレシジョン・ダイアグノスティックスのための高速、シンプル、低コストなオプションを提供します。”プレシジョン・ダイアグノスティックス”の詳細と、ラテラルフローテクノロジーがどのように”プレシジョン・ヘルス”の進歩を可能にするかをご覧ください。


“プレシジョン・ヘルス” の実現

プレシジョン・ヘルスは、患者の特定の生物学的ニーズに基づいて、適切な人に適切な治療を適切なタイミングで提供する機会を提供します。このアプローチにより、治療が拒否されたり、効果のない治療が行われたりするリスクを減らし、治療が効果を発揮する可能性を高めます。

プレシジョン・ヘルスは、”プレシジョン・ダイアグノスティックス”、”プレシジョン・メディシン”、”プレシジョン・モニタリング”にまたがり、医療提供者に大幅なコスト削減をもたらすことで、医療の質と患者の生活を大幅に向上させる可能性を秘めています。

実現にむけて

このブログ記事では、ラテラルフローアッセイについて詳しく見ていき、”プレシジョン・ダイアグノスティックス”にどのように使用される可能性があるかについて詳しく見ていきます。

”プレシジョン・ダイアグノスティックス”

”プレシジョン・ダイアグノスティックス”は、物理学、工学、化学、生物学を組み合わせて、患者の体内で何が起こっているかを理解し、測定することで、患者の個人個人の特定の生物学に基づいて、臨床および運用上の意思決定に役立つデータを提供します。”プレシジョン・ダイアグノスティックス”は、どのような治療法がこの患者にとって最も有益で副作用の少ない治療法なのか、という疑問に答えるのに役立ちます。

ラテラルフローアッセイとは

ラテラルフローアッセイは、シンプルで信頼性の高い抗体ベースのアッセイで、検出閾値以上の特定のバイオマーカーを迅速かつ正確に検出する方法を提供します。ラテラルフローアッセイは「ディップスティック」アッセイとして知られることもありますが、最もよく知られているのは、一般的なOTC診断薬の妊娠検査やマラリアなどの感染症の簡易検査です。

このタイプの診断アッセイでは、フィルターマトリックスの一部を血液や尿などのサンプル液に浸します。 サンプルは部材内を移動し、血液サンプルの場合、フィルターマトリックスが細胞を血漿から分離します(図1)。以前に、”血液分離でデプスフィルターがどのように機能するか?” にてデプスフィルターが血液を分離する仕組みを説明しています。

サンプルがラテラルフローデバイスを移動する際、対象のバイオマーカーを検出するために、サンドイッチまたは競合イムノアッセイが行われます。 たとえば、在宅妊娠検査の場合、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の存在を検出しています。

ラテラルフローアッセイとその開発の詳細はWhatman製品のKnowledge Centerでご覧ください。

プレシジョン・ダイアグノスティックスにラテラルフローアッセイを使用する理由

ラテラルフローアッセイは長年にわたって使用されており、ポイントオブケアテスト(POCT)のために臨床医によって、一般の人々は家庭で日常的に使用しています。それらの成功は、いくつかの重要な利点にかかっています。その成功の理由は、高速、シンプル、低コストであることが挙げられますが、これらはすべてプレシジョン・ダイアグノスティックス用デバイスにとって重要な要素です。

ELISAなどの他の診断検査と比較すると、複雑な手順や高価な装置を必要とせず、少量のサンプルから短時間で結果を得ることができるアッセイの利点は明らかです。新しいラテラルフローアッセイの開発は、成長を続ける” プレシジョン・ダイアグノスティックス” の分野にこれらの利点をもたらすことができます。

プレシジョン・ダイアグノスティックスでは、臨床医は単純なラテラルフローデバイスを使用して、関心のあるバイオマーカーの有無を検査したり、バイオマーカーを定量したりして、個別化医療に関する情報に基づいた意思決定を行うことがあります。

ラテラルフローアッセイはヘルスケア分野で既に確立されており、進化を続けています。マルチプレックスの進歩と感度の向上は、ラテラルフローアッセイの開発の中でも特にプレシジョン・ダイアグノスティックスに利益をもたらす2つの課題です。このことは、コストを下げ、プレシジョン・ダイアグノスティックスの利用可能性を拡大する可能性を秘めています。

詳しくはラテラルフローアッセイ開発の将来を探るをご覧ください。

Cytivaは、多様な製品を取り揃えており、ラテラルフローテクノロジーの主要サプライヤーの1つです。 幅広い血液分離製品、コンジュゲートリリースパッド、ニトロセルロースメンブレン、吸収パッドなど、ラテラルフローイムノアッセイ選択ガイドにて当社製品の詳細をご覧ください。

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針