●Glutathione S-transferase(GST)遺伝子の配列の下流にプロテアーゼ認識部位とマルチクローニングサイト(MCS)を配置
●目的タンパク質の切り出しには3種類のプロテアーゼを選択可能
●高レベル発現系のtacプロモーター(Ptac)を採用し、IPTG添加によるGST融合タンパク質の発現誘導が可能
laqI q遺伝子をベクター上に有しているので、宿主大腸菌は不問

※製品コード番号変更のお知らせ

組換えタンパク質の有効な発現方法の1つに融合タンパク質の発現があります。GST(Glutathione S-transferase)Gene Fusion Systemでは、目的遺伝子をベクター上のGST遺伝子配列の3’側にフレームをあわせて組み込み、大腸菌内で融合タンパク質として大量に発現させます。GST融合タンパク質は、GST部分を利用したアフィニティークロマトグラフィーによって精製できます。また、GST部位と目的タンパク質部位の間にプロテアーゼ認識配列が含まれているため、該当するプロテアーゼ処理によりGST部位を切断し、目的タンパク質のみを回収することができます。

FAQ(製品Q&A)はこちらをご覧ください。

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
pGEX-2T 25 μg 28954653 65,300
pGEX-4T-1 25 μg 28954549 76,600
pGEX-4T-2 25 μg 28954550 販売終了
pGEX-4T-3 25 μg 28954552 76,600
pGEX-5X-1 25 μg 28954553 販売終了
pGEX-6P-1 25 μg 28954648 76,600
pGEX-6P-2 25 μg 28954650 76,600
pGEX-6P-3 25 μg 28954651 76,600
E. coli BL21 *1 1 vial 27154201 11,000

*1 E. coli BL21はE. coli B株由来ですので、使用に際しては貴研究施設内の組換えDNA安全委員会の指示にしたがってください。

注) 大腸菌E. coli BL21は別売となります。

関連製品

関連情報

項目

  • 塩基配列
  • 選択ガイド
  • リファレンス

ベクター選択ガイド

pGEX Vectors ベクターマップ1

pGEX Vectors ベクターマップ2

リファレンス

1. Kaelin, W. G. et al., Cell 70, 351 (1992).

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針